お花

丁寧に行なう故人との別れ【葬儀で選ぶ形式とプラン】

故人の遺品を整理する

ダンボール

全国的に遺品整理の人手を確保できない家庭が増えてきていますが、神戸もその例外ではありません。家族だけでは、亡くなった人が残した遺品をいつまでたっても片付けられないため、遺品整理の専門サービスを利用する人が増加しています。

詳細

最近人気の葬儀

お焼香

柏原市内では、家族葬プランを選ぶ人が増えています。家族葬は、故人の家族を中心に少人数で営む葬儀です。亡くなった人が生前親しく交際していた友人やごく近い親戚などだけに参列してもらう形式ですので、心のこもった葬儀にすることができます。

詳細

関連サイト

  • 株式会社 蒼礼社

    思い出を振り返りながら故人にお別れを告げましょう。世田谷で葬儀を行なう際にサポートしてくれるのがこちらの業者です。
  • リサイクルジャパン

    遺品の量が多く、作業が進まない。そんな時は業者に相談することが大切です。遺品整理を東京で行なってくれるコチラが便利。
  • 遺品整理すみれ

    実績豊富なプロフェッショナルがスピーディーに片付けしてくれますよ。遺品整理を宝塚で行ってみませんか?

お金がない人にお勧め

香典

直葬は、大阪府の八尾市で人気を集めている葬式の形式です。通夜や告別式などを行わずに、火葬場にそのまま遺体を運んで故人を見送ることになります。葬儀にかかる費用の負担を抑えられるので、これから重宝されると考えられます。

詳細

お坊さんと手続き

お葬式

信頼関係が大切

葬儀社との打ち合わせでは葬式の日時や費用、お布施の話などをしますが、そのときお坊さんは参加するのでしょうか。いくら葬儀を主催するのはお寺とはいえお布施の話はしづらいもので、内容によって気分を害しても困ります。大阪で、お坊さんとの打ち合わせで決めなければならない項目としてはお通夜、葬儀告別式の日程や日時、戒名、法名、お坊さんの人数、そしてお布施や交通費、食事があります。このときのお布施や法要の費用は戒名の格で変わってくるため、お坊さんに最初から打ち合わせに入ってもらうのは考えものです。生前から付き合いがあり、信頼関係ができているお坊さんの場合は、最初の段階から話し合いに入ってもらうこともあります。それ以外は一般的に打ち合わせに入ることはないため、外して欲しいときは葬儀社の人に頼むか、大事な話は別の場所で遺族のみで相談するようにします。大阪などでの葬儀社との打ち合わせでは時と場合によって、お坊さんに参加してもらいます。

最初に死亡届と死亡診断書

両親が亡くなることはあまり考えたくありませんが、もし亡くなったとき喪主を務める場合手続きに関して知らないと不安です。大阪でも喪主経験のある人が近くにいれば助けてもらえますが、いない場合は自分で動かなければなりません。事前に喪主のするべきことを知っていれば不安も減り、葬式をスムーズに進めることができます。亡くなった直後の手続きとしては、はじめに死亡届と一緒になっている死亡診断書を医師に記入してもらい受け取ります。そして亡くなったことを知らせるため死亡届を大阪の市町村村役場に提出します。このとき後で必要になる火葬許可申請書を一緒に出しておきます。それから火葬許可書を受け取り、内容を確認して火葬場に提出しましょう。そしてお墓に入るときに必要となる埋葬許可書を受け取り墓地に提出します。これらの手続きは時間と手間を要しますが、大阪ではこうした手続きは葬儀会社が代行してくれることが多いので、安心して任せられるところを探すと良いでしょう。